意思の強さではなく病気だから仕方がない

email this
LINEで送る
Pocket

どんなにがんばても、自分にはムリだと思っている方、禁煙は向いてないしできないと思っている方、タバコを吸いたくなる症状をなんとかしたいなどの「やめたい」という悩みにおすすめです。

つらくて苦しいことは誰でも嫌なことです。とくに禁煙は苦しいものになります。これを、意思が弱いなどと言う方もいますが、実はそんなことはありません。意思の強さではないのです。この苦しみは病気と同じなのです。

我慢して頑張って、イライラしながら自分と戦う必要はないことなのです。病院に行き医師に相談して確実に治すことができます。この方法は、我慢する必要もないし、イライラするこもなく自然にタバコをやめることが可能になります。

自分を責めて、自分はダメだと思う必要はありません。これは、とても勘違いだったのです。タバコは依存性のある有害なもので、意思の強さだけでは完全に治すことは難しいことなのです。だから、病院でしっかり治すことが一番いい方法です。

このお薬を医師の指示に基づいて定期的に飲んでみることで、だんだんと改善していきます。タバコが必要なくなってくるのです。吸いたいと思わなくなり、吸ったとしても美味しいと感じない自分になっています。これは、確実にやめることができます。苦しくもなんともない効率のいいことです。

いままでなんど、考えましたか?その時間と労力はかなりのものだと思います。なんども試みたところ、以前よりタバコの本数が増えてしまったなどということはよくあることです。しかし、病院でしっかり治すことは、こんなことはほぼありません。以前の自分に戻ることはないのです。

早い方で1ヶ月で効果がでてきてやめることができる場合もあります。とにかく自分の意思で行う禁煙よりは短い期間で治すことが可能なのです。確実に短い期間でスパッとやめたいと思うならこれが一番です。

そんな方も少なくありません。禁煙で病院?と思う方も多くいます。禁煙治療はお金がかかると考える方も多くいます。しかし、よく考えて下さい。

何度も挑戦してダメだったことです。
そして、ここでの治療費は、このままタバコを吸い続けてのタバコ代より安いことに間違いはありません。

体のために自分のためによいことをしてあげましょう。そして、もうこれ以上無駄はやめましょう。

email this
LINEで送る
Pocket