明日のために未来の自分のためにやめる

email this
LINEで送る
Pocket

どうしても吸いたくたくなってしまうタバコ。これがないとやめれるのに…と思いませんか?チャンピックスで、タバコを吸いたいと思わなくなります。

やめられない理由は依存性があるからです。自分の意思が弱いからということではありません。多少は関係があることですが、中毒はきちんと治療がひつようになることなのです。
自分の力で治そうなんて思わなくていいのです。

立派な病気で、治療が必要な病気とされています。病院へ行き、医者に相談しみてもらい、お薬を処方してもらうことで、禁煙の成功率は確実になります。自分にあった禁煙方法を一緒に探してくれるため安心できます。

まずは、喫煙状況などのチェックをおこないます。健康保険が利用できるかどうかをチェックします。

一酸化炭素濃度の測定
はく息にどのくらい、一酸化炭素が含まれているかの測定になります。これは、タバコに含まれる有害物質になります。

禁煙を誓う
医者と相談し、開始日を決めます。そして、禁煙宣言書にサインします。

カウンセリング
これまでの喫煙歴や禁煙経験などを詳しく医者が確認します。タバコが吸いたくなる、ニコチン切れの対処方などのアドバイスがあります、

薬の選別
自分にあった禁煙補助薬をえらんでもらい、処方してもらいます。

2回目の診察になります。2週間経過しての症状などを詳しくチェックして、測定を行い、アドバイスを受けます。さらに2週間後に3回目の診察になります。

禁煙して、一ヶ月が経ちます。体に変化があるはずです。咳をしなくなったとか、肩こりがなくなったとか、息切れしなくなったなど、よく考えみると、変化があるはずです。

自分に自信がつきます。やればできるんです。朝の目覚めもいいし、食事がおいしくなって、肌ツヤもよくなり、明るくなって、若返ります。体は軽く、清々しい気分が続きます。今までになかったような感覚と感じることでしょう。

実は、こうやって禁煙治療を行うと簡単にやめることができるようになります。苦しいこともなくできます。苦しくなれば、医者に相談すると対処方法を教えてくれますから安心です。

ニコチン切れになって、吸いたくてたまらなくなる苦しさがないのです。これなら、やめられます。多くの禁煙ができなかった方ができています。

email this
LINEで送る
Pocket