禁煙外来と併用で行う道を目指して

email this
LINEで送る
Pocket

私たちはなぜか、よくないことの方を信じてしまう感覚があります。いいことは疑って、悪いことに共感してしまうところがあります。

平和な証拠です。

また、そんな商品やお薬はそれだけの評価があるということにもなります。経験者が多いということはある意味安心な部分もあります。本当によくないものならば、今の時代すぐに消えています。

いろんな商品を購入するとき、今はインターネットでとりあえず検索し、どんなものかの口コミや評価をさがします。ここで買うか買わないかを決める判断材料にすることは当たり前になってきました。どんなものでも、インターネットで調べていろんなことがわかります。

インターネットで検索すると、経験者が詳しく書いてくれています。いいことやよくないこと、この薬でどうなったかの成功体験や副作用などたくさんの結果報告があります。

その他の禁煙に関するお薬のことから、タバコに関することいろんなことがインターネット上で紹介されています。

ここに書かれてあることは全て本当のことでしょうか?しかし、嘘ではありせん。それは、人それぞれで効果も違い、一回に飲むお薬の量や期間が違うことがあります。この量や期間を間違えてしまうと、結果が大きく変化します。少ないことは効果がでにくく、多いことは悪いことに繋がります「お酒はほどほどに飲み過ぎには注意」と同じことです。

このように方法を間違うといい結果にはなりません。自己流での判断で何となく行うとインターネット上で書きたくなるような悪い結果となっていしまいます。そうならないためにも医師へ相談が大事なことなのです。

手軽で簡単に手に入るドラックストアは病院とは違います。ここをそう思って信じてしまうととんでもない結果になってしまうこともあります。自分の体のことと、ある程度の専門的な知識があれば問題は少ないことですが、ここの店員さんは医師ではないのです。

しっかり相談して、禁煙治療のためのプランつくりが必要になります。このプランをつくるために専門家である医師に聞いてみた方がいいことは誰もが理解できることです。

どのくらいの量で期間をもうけ、どんな症状がでたらどうするか?などの計画が必要です。これは自分一人ではわからないギャンブルになります。

運の強い方なら問題はないかもしれませんが、成功に近いのは医師に相談し確実性の高い方法が賢い選択ではないでしょうか。成功率も高く、困ったことにもならないし、安心できます。

email this
LINEで送る
Pocket